古代オリエントまで遡る美容脱毛の歴史

美容脱毛は、19世紀か20世紀頃に始まり、歴史も浅いのではと思われがちですが、実は、その起源は紀元前3000年から4000年まで遡ります。

古代オリエントでは、体毛を処理する習慣があり、脱毛剤が使用されていました。

有望な心斎橋の脱毛の関連情報がご覧になれます。

硫黄、石灰、でんぷんなどを水で混ぜてペースト状にして使用していました。

エジプトにおいても、紀元前1500年頃には、焼いた蓮の葉と油、カバの脂肪を混ぜた脱毛剤が使用されており、歴史的な文献にも残っています。
エジプトの絶世の美女とたたえられたクレオパトラも、脱毛剤を使用していたと伝えられています。



日本においての美容脱毛の歴史は、平安時代にまで遡ります。

額や眉の形を整えるために、毛抜きで抜いたり、墨で書き足したりされていました。




江戸時代には、軽石の間に毛を挟み、こすり合わせて除毛したり、線香で焼くなど、遊女の間ではハイジニーナ脱毛の先駆けとなる処理が行われていました。

脱毛剤としては、軽石の粉と木の実の油を混ぜたものが作られ、ムダ毛を擦って脱毛していたようです。

近代的な美容脱毛法が開発されたのは、1900年代に入ってからで、電気分解脱毛器、高周波脱毛法などの技術が生まれました。1996年には、日本でもレーザー脱毛が本格的に使用されるようになりました。

2000年代になると、脱毛方法も多様化し、利用者もたくさんの選択肢の中から脱毛方法を選べるようになりました。



美容脱毛は、これからも、まだまだ発展する分野です。