Skip to content

大阪の美容学校で使う教材費や合格率について

大阪の美容学校では独自に教材などを用意しますが、これには消耗品など色々な道具があります。

ハサミやメイク道具など以外に、ワインディング(パーマ巻き)で使うペーパーは一般的に6、000枚で3、000円くらいします。大会などが近くて練習をすると1日で500枚以上使いますし、カットウイッグはカットの練習に使うマネキンですがこれも1台3、000円ぐらいで使い切りです。

試験前や大会前だとこのマネキンを1日で5台以上も使うこともあり、消耗品の使う量は個人によって違いますが試験に合格したり大会で良い成績を残すためには多額な費用がかかります。消耗品はある程度最初の教材費に含まれていたり、大会の出場者だと大阪の美容学校からもらえたりすることもあるようです。学費が安くても卒業までに色々と買う物があるため、そちらが高額だとあまり意味がなくなります。大阪の美容学校を選ぶときには国家試験の合格率も大事で、これは受ける人の力も欠かせませんが指導力も重要です。どこを選ぶか迷ったときには、試験の合格率が高い所を選べばまず問題ないと言えます。

また、合格率が全てではなくて選ぶ基準の一つとなるということも忘れてはいけません。まずは雰囲気を知るためにホームページを見るだけでなく、資料を請求してみるのがおすすめです。これにはホームページに掲載してないことも載っていて、他と比べることも手軽に出来るので気になるところのは取り寄せておくといいです。冊子になっているので比べ安く、資料から3つくらいに絞ってからオープンキャンパスに行きます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *