歯周病も虫歯と同様、予防のためには歯磨きを丁寧に行うことが最も重要です。
歯周病の原因となる細菌は、食べ物のカスなどに溜まることで繁殖していきます。

これが歯垢と呼ばれるもので、更に歯垢が唾液に含まれているミネラル分と結合すると、これは歯石に変化します。


歯石になってしまうと文字通り、石のように硬くなり自力で落とすのは困難になるため、歯垢の段階で除去することが必要です。



ただ歯周病の原因菌は、歯と歯の隙間から侵入していきます。

ですから歯の表面だけを意識するのではなく、歯と歯の隙間も意識することが求められます。

歯と歯の隙間を磨くためには歯ブラシも有効ですが、デンタルブラシや歯間ブラシを使用するのがより効果的です。

Girls Channelを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

既に歯と歯の隙間が開いてしまっていると言う人は、特に清潔に心がける必要があります。



逆にデンタルブラシなどを入れるのが大変なくらい、歯と歯の合間がしっかりと閉じている人は、無理に入れる必要はありません。

歯と歯の隙間がしっかりと閉じていると言うことは、それだけ歯肉や歯の状態としては健康と言うこと。

無理にデンタルブラシなどを入れると、逆に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。
このような方の場合は、デンタルリンスを使用するのがおすすめです。
デンタルリンスは液体ですから、無理なく、歯と歯の隙間などの狭い部分にも広がっていきます。

殺菌作用のあるものを選べば、より歯周病予防に効果を期待することができます。また細菌は、口腔内が乾燥しているとより繁殖しやすいと言う性質を持っています。
ですから、日中などにも適度に口腔内を潤しておくのも有効な予防法で、この際にもデンタルリンスで口をゆすぐことは効果的です。

Copyright (C) 2016 歯周病予防のために心がけたいこととは All Rights Reserved.